群発頭痛の激しい痛みを改善【専門医に任せて安心】

年配の医者

目の痛みを伴う激しい頭痛

頭痛がする女性

最も激しい頭痛の原因

群発頭痛とは大変痛みが強い頭痛とされています。脳腫瘍や脳出血などの疾患が原因ではない頭痛の中では、痛みが最も強いうえに何日もその痛みが続くのが群発頭痛の特徴です。発症者の多くが20〜40歳代の働いている人で、女性より男性の方が発症が多く見られます。そして発症の時間は深夜帯が非常に多く、その激痛と痛みが連日続くことから日常生活に大変支障をきたす頭痛とされています。群発頭痛は個人差もありますが、ほとんどの発症者の場合、1日の中の決まった時間帯に連日続けて痛みが出ます。そしてその痛みの持続時間も、ほとんどの場合が一定なのです。これらのことから群発頭痛の原因は、生活リズムや脳の体内時計などが深く関係している可能性が、極めて高いとされています。そして群発頭痛の治療には、片頭痛の治療として有効なトリプタンがとても効果的なのです。このことから片頭痛と同じく、三叉神経血管が頭痛の大きな原因と考えられます。群発頭痛の辛く激しい痛みは、脳の最も深い部分とされている視床下部から痛みの信号が発信されると言われています。その信号が三叉神経核、上唾液核などを通ることで痛みが拡大し、痛みの程度も増していくと考えられています。

最も激しい頭痛の対処法

群発頭痛の一般的な症状が、激しい頭痛と同時に片目の周囲から目の奥にかけての激痛です。また、目の充血、まぶたの腫れや鼻水、多量の涙などの自律神経症状も頭痛と同時に現れます。そして片頭痛の症状と大きくことなる点が、群発頭痛が発症した場合一定の場所に安静していられないという点です。のたうち回る、自分自身を傷つけるなどの衝動に駆られ、激しい行動が目立つケースが非常に多いのです。片頭痛の場合でしたら、暗く静かな場所で安静にしていた方が症状が落ち着くので、全くの対照的な症状と言えます。群発頭痛の症状は、アルコールと喫煙により悪化するとされています。特に頭痛が連日続いている際には、痛みが治まっている間でも絶対に禁酒や喫煙を厳守しましょう。病院での群発頭痛の治療の際には、まず選択される薬がベラパミルです。ベラパミルとは不整脈の治療薬として有名ですが、群発頭痛に対しても大変有効なのです。しかし内服薬はあくまで予防であり、突発的に群発頭痛による激痛が出た場合にはスマトリプタンという皮下注射が最も有効とされています。ペンタイプの注射器で、自分自身で太ももに押しつけるだけで体内にスマトリプタンが注入され、症状が和らぎます。

激痛が続く頭痛

医者

群発頭痛とはある決まった時期に集中し起こる頭痛です。1度頭痛が起こると以降毎日、一定の時間に頭痛に悩まされます。群発頭痛の治療は薬物療法と酸素吸入法が一般的です。特に激痛の場合には鎮痛剤より純酸素を吸入する方が確実に痛みを緩和できます。

View Detail

症状の内容

笑顔の女性

群発頭痛というのは頭痛が主な症状として現れるものの中でも、痛みの強い頭痛です。20〜40歳代の男性に多く見られ、女性に比べ約7倍ほどの発症率だと言われています。治療方法には、薬物療法と酸素吸入法があります。

View Detail

男性に多い頭痛の特徴

看護師

群発頭痛の治療法は、未だに模索中であるものの、発症する年代や頭痛の継続時間などが判明されているため、緩和できるケアが評価されています。先進医療による新しい薬の提供なども展開されるなど、治療やケアに新たな兆しが見えています。

View Detail

頭痛の対処法

ジャンプする男性

群発頭痛では、適切な治療薬を用いることが速やかに症状を治すコツです。市販の鎮痛薬は余り効果がないことが多く、使用を控える方が賢明と言えます。群発頭痛は激し痛みが周期的に起こるのが特徴です。頭痛に詳しい医師の治療が役立ちます。

View Detail