群発頭痛の激しい痛みを改善【専門医に任せて安心】

女性の医者

男性に多い頭痛の特徴

看護師

緩和できるセルフケア

片頭痛に悩む場合には内科を受診しますが、20代から30代となる年代の男性に特に多いのが群発頭痛であり、男性の発生率は女性の約7倍とも言われています。群発頭痛の原因や治療法は、未だ、研究途中となっており、完治するまでに時間の経過が必要となります。血管性頭痛として、脈拍に一致した頭痛であることは報告されており、その症状には目の奥などがえぐられるように耐え難い痛みがあり、それと同時に涙や鼻水、目の充血などの自律神経症状までが現われるのが一般的です。原因などの詳しいメカニズムが不明であるため、内科をはじめ、外科などの医療機関においても完全なる完治に難色が示されています。しかし、頭痛が起こった時の対策や緩和には治療分野の専門性を活かして提供してくれるため、研究チームが結成されているクリニックを選択し、受診することもポイントとなります。また、緩和させるテクニックとして疾患を抱える方に効果的なのが、酸素吸入です。頭部の動脈が収縮することによって頭痛が和らぐため、携帯できる酸素吸入器を利用することも緩和テクニックの1つです。また、発症時間の多くが夜間となるため、夜間診療に対応した頭痛外来においては、純度100%の酸素による治療も行っています。

新しい療法が提供

群発頭痛に特化した頭痛外来が、疾患に悩む多くの男性から支持されています。特に、働き盛りとなり、頻繁に通院できない男性向けに薬物療法が提案されており、血管収縮作用のある成分を配合した薬が処方されています。一般的に、頭痛の持続時間は10分から3時間程度で、1日数回程度起こるのが特徴で、一旦発症してしまうことにより、1ヶ月から数ヶ月の間、頭痛を繰り返しやすいのも特徴となります。頭痛が現れる時間などの目安が付けやすいため、発作が出てから服用することで効果が薄くなる薬の効き目も、最大限発揮させることが可能で、必然的に突発性の対策にも繋げられます。さらに近年、若年層患者数が急増している背景も重なり、医療機関においても使用可能となる薬や治療法なども増え、安全面でも支持されています。特に、頭痛の発作時間の目安が掴めていない患者の場合、突発的な痛みに耐えきれないことも実情として挙げられており、内服薬よりも効き目が早い皮下注射が評価を高めています。自分で注射するため、群発頭痛の予防薬として有効的として人気があり、医師の指導のもと、適切な使い方が求められています。しかしながら、手軽さがあるため、群発性を発症しやすく、働き盛りで多忙な男性に支持されています。