群発頭痛の激しい痛みを改善【専門医に任せて安心】

女性の医者

頭痛の対処法

ジャンプする男性

薬を選ぶことが大切です

激しい痛みが生じることで知られるのが、群発頭痛です。群発頭痛は目の奥などに痛みを感じることが多く、血管の拡張が関係していると言われています。群発頭痛の痛みを抑えるためには、一定の治療薬を服用することが必要です。医療機関では群発頭痛の原因となる、血管の拡張を予防するトリプタン製剤が多く処方されています。群発頭痛の場合には、市販の頭痛薬や解熱鎮痛薬は使用しない方が無難です。この手の市販薬には群発頭痛の治療に適さない成分が含まれていることが多く、効果の点でも余り期待出来ないと言えます。ですので、群発頭痛の疑いがある方は、内科や頭痛外来で適した薬の処方を受けることが大切です。市販の鎮痛薬の場合には、ともすると過剰に服用しがちです。痛みを抑えるために頻繁に服用していると、気が付いた時には悪い影響が体に現れてくることがあります。従って、痛みの激しい群発頭痛には特に不向きです。群発頭痛であることに気付かず長期的に市販薬を服用していると、稀に肝臓障害を引き起こすことがあります。こうした事態を避けるためには、頭痛に詳しい内科医などの診察を受けることが非常に重要です。群発頭痛は多くの場合アルコール摂取の習慣が関係しており、治療にも専門的視点が必要となります。

周期的に起こります

群発頭痛は、発作が頻発する群発期があるのが特徴です。こういった時期には、アルコールの摂取や気圧の変化、入浴などの刺激によって発作が誘発されます。群発頭痛は一旦発作が起こると激しい痛みに襲われるのが常です。一般的な鎮痛薬ではほとんど効果が得られないため、専門的な治療が必要になります。群発頭痛であることが確定すれば、現在では幾つかの有効な治療薬が使用出来る状況です。この手の薬は飲み薬や点鼻薬が主流ですが、自宅での発作に使用出来る簡易式の注射薬も現在では登場しています。群発頭痛の発作で医療機関を受診すると、酸素の吸入療法が試みられることがあります。こういった方法をとることで少なからず症状が改善することがあるのが、この頭痛の特徴です。従って、発作の心配がある方は予め内科医や頭痛専門医に日頃のケアや過ごし方について相談しておくことが転ばぬ先の杖となります。群発頭痛は明け方に発作が起こりやすいのも特異な点です。このような点は、他の頭痛と見分けるための重要なポイントになります。頭痛は、タイプを見分けることが適切な治療を行なうためのコツです。専門医のサポートは、こういった頭痛のタイプを見分ける際に役立ちます。