群発頭痛の激しい痛みを改善【専門医に任せて安心】

女性の医者

激痛が続く頭痛

医者

激痛が続く頭痛の特徴

最近では、頭痛に悩む人が増えています。一言で頭痛と言ってもいくつかの種類があり、その中でも、症状が強いものに群発頭痛があります。群発頭痛は未だに原因が解明されていない症状です。一般的な頭痛の痛みよりも頭痛が強く感じます。そして、群発頭痛は人により、痛みを感じる時間が異なります。15分で頭痛が解消される人も入れば、2~3時間も痛みが引かないといった人もいるのです。後者の場合、痛さのあまり、のたうちまわるという人もいるくらいです。壁に頭を打ち付けて、打撲の痛みで頭痛をごまかそうとする人さえもいます。このような群発頭痛は、比較的朝方に起こりやすいという統計がでています。なので、睡眠不足になる人も少なくありません。女性よりも男性に起こりやすく、特に働き盛りの20代から40代に多いです。日中、仕事で成果を出さないといけない男性にとって、とても辛い症状でしょう。もし、これらの症状が思い当たるのであれば早急に医療機関へ足を運ぶべきです。頭痛専門に治療を行っている医療機関もあるので気になる人は調べてみるとよいでしょう。インターネットを活用すると全国各地にある医療機関の情報を簡単に入手できます。

激痛が続く頭痛の対処法

多くの人を悩ませている群発頭痛を引き起こす主な原因はアルコールと考えられています。群発頭痛が発症している期間に飲酒すると、確実と言って良いほど時間帯に関係なく頭痛が現れるのです。そして、アルコール以外の要因として喫煙や気圧の変化なども挙げられます。群発頭痛の主な治療法は、薬物治療と酸素吸入法が一般的です。群発頭痛発症時の治療薬として、トリプタン系の薬を使用することが一般的です。群発頭痛による耐えがたい痛みには、純酸素吸入法が鎮痛剤より効果が期待できます。純酸素を15分ほど吸入する治療法であり、殆どの場合5分ほど酸素を吸入すると痛みが和らいでいきます。激痛が出たら出来る限り早く吸入を開始することで、効果が高まるとされています。群発頭痛の予防して、まずは頭痛が起こる時間帯を把握しておくことが大切です。殆どの場合が明け方の発症が多いので、群発頭痛発症中は就寝前にトリプタン系薬剤やエルゴタミン製剤を内服しておくことで、明け方の激痛を予防できます。また日常生活においては、飲酒・喫煙が主な要因とされている為、なるべく摂取の量を抑えるか、行く行くは禁酒禁煙が望ましいでしょう。群発期間中は絶対に飲酒喫煙は行ってはいけません。また気圧の変化も頭痛の引き金となる為、群発頭痛の経験がある人は飛行機の搭乗や登山の際には、事前に専門医に相談するようにしましょう。専門医から、的確なアドバイスをもらうことができます。そして、再発予防の薬を処方してくれるでしょう。